イタリア語の色の名前一覧!言い方が変化する女性名詞も紹介

イタリア語の色の名前一覧!言い方が変化する女性名詞も紹介
Pocket

今回はイタリア語の色の名前の一覧をご紹介していきたいと思います!

イタリア語の色の名前っておしゃれな言い方がありそう♪

美味しそうな名前とかも…

今回は女性名詞で変化する言い方も一覧で紹介するよ♪

イタリア語の色の名前は、ペットの名前とか、あとは雑誌、お店の名前になってたりするから身近に感じるかも!

イタリアというと、芸術や美味しいドルチェ、美しい風景など、おしゃれな色合いのものがたくさんあるというイメージの方多いのではないでしょうか?

実際に、自分のお気に入りの色がイタリア語での言い方を、この記事でぜひ確認してみてくださいね。

今回は女性名詞による言い方の変化もばっちり確認できるので、色の一覧を見れるだけでなく、『イタリア語の色』ということについても知識が増やせちゃいます!

それでは、早速見ていきましょう♪

 

イタリア語の色の名前一覧!

イタリア語の色の名前一覧!言い方が変化する女性名詞も紹介

イタリア語で『色』は『colore(コローレ)』と言います♪

2色以上の色を言いたい場合は、複数形の『colori(コローリ)』と語尾が『re(レ)』から、『ri(リ)』に変化するのみ!

音が可愛くて、綴りも英語のcolorと似てるので覚えやすいですよね!

今回は、イタリア語のメインの色14色をご紹介いたします♪

イタリア語 発音 意味
nero ネーロ
bianco ビアンコ
rosso ロッソ
blu ブルー
giallo ジャーロ 黄色
arancione アランツォーネ オレンジ
verde ヴェールデ
viola ヴィオーラ
azzurro アッズッロ 水色
rosa ローザ ピンク
grigio グリージョ グレー
marrone マローネ 茶色
oro オーロ
argento アルジェント

イタリア語の色の名前が、実は私達日本人にとってとても身近なものだとご存じですか?

そーなの?どんなところにイタリア語の色が使われてるんだろう?
一番身近なものだと、あっさりとして美味しい『ボンゴレ・ビアンコ』かな♪

ボンゴレは貝という意味で、ビアンコが白っていう意味なんだよ!

料理の名前以外にも、~ロッソや、~ビアンコなどワインの名前で見たことがあるかたいらっしゃるかもしれませんね!

お店の名前に、イタリア語の色の名前が使われてたりするので、身近に感じます♪

イタリア語の音を楽しみながら、自分の身近なものをイタリア語で表現してみると、なんでもない日常が一気におしゃれになりますよ!

 

イタリア語の色の聞き方

ここからは、イタリア語のお気に入りの色の聞き方をご紹介していきます♪

  • Qual è il tuo colore prefelito?(クアレ イル トゥオ コローレ プレフェリート?):「君は何色が好き?」
  • Mi piace il arancione.(ミ ピアーチェ イル アランツォーネ):「私はオレンジ色が好きです。」

イタリア語のqualは、英語で言うとwhichを表す疑問詞です。

そして、coloreが先ほども説明した通り、色という意味で、prefelitoが英語で言うとfavoriteですね♪

ここでのポイントは、qual+èで「クアル エ」と分けて発音せずに、qualの-lと、èの音が混ざって、「クアレ」という読み方になること!

それでは、答え方のイタリア語の文を見てみましょう。

mi=英語のmy、piaceは「~が好きです」を表すpiacereという動詞です。

「Mi piace~」で、色以外にも自分の好きなものを表現できる、便利なフレーズなので覚えておきましょう♪

濃い緑が好きだよって伝えたい時は、verdeでいいのかな?

イタリア語で濃い色と明るい色は、一覧で見た色に1つの単語を加えるだけで簡単に表現できます!

 

イタリア語で「濃い、明るい」の言い方

それでは、イタリア語で濃い~色、明るい~色とはどのように表現されるのかをご紹介していきますね!

  • scuro(スクーロ):「濃い」
  • chiaro(キアーロ):「明るい」

この二つを、先ほど見た一覧の色の名前の後ろに付けるだけで、濃い色と明るい色をそれぞれ言うことができます♪

濃い緑は、verde scuro(ヴェールデ スクーロ)って言えるってことだね!

イタリア語の色の名前を覚えるだけで、表現が広がりますよね♪

ぜひ、この一覧を参考に、自分の好きな色を表現できるようになっていただけると嬉しいです。

 

色の名前の言い方が変化する女性名詞も紹介

イタリア語の色の名前一覧!言い方が変化する女性名詞も紹介

イタリア語の色を「~色」のような名詞的な使い方は、先ほどの一覧のもののみ覚えればOK!

ですが、日本語で黒色、赤色など名詞以外にも、黄色い靴、白いドレスなど形容詞的にも使われますよね。

イタリア語も日本語と同じように、名詞を修飾する形容詞的な使い方をする場合は、その名詞の性に合わせて色の名前も変化します!

名詞として使うときは、「il colore nero(イル コローレ ネーロ):黒色」のように、coloreという名詞を使って「~色」という表現が出来上がるんです♪

それでは、形容詞として色の名前を言うときはどのように言うのかを、男性形と、女性形を一覧で見ていきましょう。

男性形 女性形
nero(ネーロ) nera(ネーラ)
bianco(ビアンコ) bianca(ビアンカ)
rosso(ロッソ) rossa(ロッサ)
blù(ブルー)
黄色 giallo(ジャーロ) gialla(ジャーラ)
オレンジ arancione(アランツォーネ)
verde(ヴェールデ)
viola(ヴィオーラ)
水色 azzurro(アッズッロ) azzurra(アッズッラ)
ピンク rosa(ローザ)
グレー grigio(グリージョ) grigia(グリージャ)
茶色 marrone(マローネ)
oro(オーロ)
argento(アルジェント)

基本的には、男性形と女性形で変化がありますが、一覧を見てわかる通り、変化しないものもあります!

どういうことか分からない!という方もいらっしゃるかもしれないので、例を出してさらに詳しく解説していきますね♪

  • casa azzurra(カーザ アッズッラ):「水色の家」
  • vestito bianco(ヴェスティート ビアンコ):「白いドレス」
  • cane marrone(カーネ マローネ):「茶色い犬」
  • borsa arancione(ボルサ アランツォーネ):「オレンジ色のバッグ」
  • mela rossa(メーラ ロッサ):「赤いリンゴ」
順番は、名詞+色だよ!

男性名詞が来ていれば、基本の男性形になるし、女性名詞+色の場合は色も女性形になる♪

基本的には、男性名詞は-o、女性名詞は-aが単語の語尾になるんだよね!

この中でも、犬というイタリア語のcaneは例外になるっていうこと!

男性形とか、女性形とか難しい!と感じる方も、ご安心を!

今、説明した通り、基本的には男性形は-o、女性形は-aで終わるということを覚えておいてくださいね♪

そうすれば、大体のイタリア語の名詞の性がどちらになるかを判断できて、形容詞の語尾変化にもすぐ慣れることができます。

 

色にも数の変化がある!

ここまで、イタリア語の色の名前は名詞の性に合わせて色の名前も変化することをご紹介いたしました。

実は、名詞の性だけでなく、単数形と複数形でも色の名前は変化するんです!

色の名前に男性、女性の変化があるって聞いたとき、他の名詞や形容詞のように、単数形と複数形でも変化があると思ったら、やっぱりあるんだね…
色を形容詞として使う場合も、他の名詞や形容詞と語尾変化は一緒♪

それでは、ここまで見てきた色の名前のまとめとしても使える一覧を作ったので、これで一気に単数形と複数形の変化と、例を見てみましょう♪

男性形 女性形 男性形 女性形
単数 複数
nero
(ネーロ)
nera
(ネーラ)
neri
(ネーリ)
nere
(ネーレ)
bianco
(ビアンコ)
bianca
(ビアンカ)
bianchi
(ビアンキ)
bianche
(ビアンケ)
rosso
(ロッソ)
rossa
(ロッサ)
rossi
(ロッシ)
rosse
(ロッセ)
blù(ブルー)
黄色 giallo
(ジャーロ)
gialla
(ジャーラ)
gialli
(ジャーリ)
gialle
(ジャーレ)
オレンジ arancione
(アランツォーネ)
arancioni
(アランツォーニ)
verde
(ヴェールデ)
verdi
(ヴェールディ)
viola
(ヴィオーラ)
viole
(ヴィオーレ)
水色 azzurro
(アッズッロ)
azzurra
(アッズッラ)
azzurri
(アッズッリ)
azzurre
(アッズッレ)
ピンク rosa(ローザ)
グレー grigio
(グリージョ)
grigia
(グリージャ)
grigi
(グリージ)
grigie
(グリージェ)
茶色 marrone
(マローネ)
marroni
(マローニ)
oro(オーロ)
argento(アルジェント)
  • zaino nero(ザイーノ ネーロ):「黒いリュック」
  • penna rossa(ペンナ ロッサ):「赤いペン」
  • fiore viola(フィオーレヴィオーラ):「紫色の花」
  • capelli neri(カッペーリ ネーリ):「黒い髪」 ※髪は通常、複数形で使います
  • carte bianche(カルテ ビアンケ):「数枚の白い紙」
  • sedie marroni(セーディエ マローニ):「数個の茶色い椅子」

男性形・女性形そして、単数形・複数形で規則性が見えたあなたは、素晴らしいです♪

基本的なルールがイタリア語の名詞と形容詞にはあるので、それをまとめてみました。

  • 男性形単数:語尾が-o
  • 女性形単数:語尾が-a
  • 男性形複数:語尾が-i
  • 女性形複数:語尾が-e
  • 例外:単複/男女同形や↑以外
イタリア語は、名詞が-oで終われば形容詞も-oで終わるから、基本的なルールさえ覚えちゃえば、簡単に感じるんだよ♪
名詞の複数形の作り方がまだ分からないという方は、名詞の複数形の作り方を紹介している記事もあるので、そちらも併せて見ると、理解度が高くなります♪

 

まとめ

イタリア語の色の名前一覧!言い方が変化する女性名詞も紹介

イタリア語の色の名前一覧と、女性名詞で変化する言い方もご紹介いたしました♪

色の名前を覚えただけでも、表現の幅がかなり広がりますし、何よりイタリア語の色の名前の言い方って、とても可愛いと感じませんでしたか?

自分の好きな色も言えるように、便利なフレーズも紹介したよ!
女性名詞で変化する言い方も、既に知ってたけど復習として楽しめた♪

意外と知っている色の名前も多かったという方、多いかもしれませんね。

この記事を見れば、色の名前と名詞の性や数によって変化する言い方も一覧で見て、覚えて一石二鳥♪

早速今から、ここで覚えた色を使って自分の生活をおしゃれにしていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。